FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実体験と実験

幸せになれば

他人の喜びもわかるだろう。


不幸になれば

他人の痛みもわかるだろう。








そう




わかるだろうという仮定。
スポンサーサイト

低姿勢低クオリティ

自分が幸せではないのに

人を幸せにできるのか。






尽くす愛なんて

死ぬまでにできる気がしない。





それが構ってちゃんクオリティ。

答えの無い答え

誰もそんなこと期待してない






わかっているけど


罪の意識。




知らないことが幸せだ。

金持ちになりたいではなく、金が欲しいという願い

次は私の番である。






根拠は無いけど

焦らされるのは

もう慣れた。

暴れた言葉

人に暴言を吐いたその言葉通りに


吐いた人がなっている。





言葉は力。



いや、ただの日頃の行い?

気分とはニュアンス

昨日と違う自分





気分が生まれ変わるのか


生まれ変わる気分なのか



そんなのどうでもいい。

例えば

悪い例え話に




自分のしたことが挙げられる。






そんな

救いのない現実。

比べたがる性

何かを得るのが

「幸せ」なんですか…。







両手で

すくっても





こぼれ落ちるだけ。

自分をかわいそうだとは思わない

消えてしまいたいと

思うことがあっても






消されたくないという

思いが強い。

解決の糸口

このまま消えたって

何も変わらないよ。







ただ

後片付けする人が

迷惑がるだけ。

しかたがない

消去法で選ばれた




【私】という選択肢。

おおまかすぎて伝わらない物真似

虚しい気分ばかりだけど






病んでる人と

同じような扱いはイヤだ






そんな小さな抵抗感…。

NOTで始まる

世の中

消耗戦のようなもの。






ただ互いに食い潰し合い




誰かを否定して

自分を守ろうとする。

絵空事

繋がるようで

繋がらない関係。







それが

もどかしい。





そう思っているのは

自分だけ。

夢の無い国

世の中



甘い蜜を吸うのは

一握り。









結局は

転がされてるだけだよ。

言われなくても分かってます

自分が劣っていることを




改めて感じられて






かさぶたを

無理矢理

剥がされた気分。

増えるワカメちゃん

明日消えてたら




今日のまま

誰かの記憶に残るのかな。





そう思いながら

また朝を迎えるのです。





生きていて良かったではなく、




今日も生きているんだって。

自分探しの旅

【長所】って書くと




なんか難しいけど




【取り柄】って思えば

なんかあるよね。

クオリティ

毎年

何も残せない





私という価値。

ついてるね、のってるね

「病んでるね」と言われたら







「そうですね」と


答えたら





もう

それ以上

突っ込まれないだろうと


思う。

あれもこれもそれも

いろんなことができて


羨ましい気もするけど





オプションを

たくさんつける車が




価値があるとは

限らないと一緒で




実際に意味があるのは

一握り。

転がる石伝説

気分が落ち込んでる時は






他愛も無い話で

落ち込むことが多い。







長く生きていても

変わらないものは

変わらない。

役割分担

それを



「仕事だから」とか



「義務だから」とか



決めつけてしまいたいのは

お互い様。

そうさ 僕らは

いつでも選択できるんだ。





可能性を含めて。

100人できるかな

好きな人が何人いたって




良いじゃないか。






それで

幸せならば。

似たもの同士を一煮立ち

分かりあえないけど




なんか繋がってるんだよなぁ。

I MY ME

曖昧なまま生きていたので



いろんなものから

取り残された。





だけど

すべて自分が蒔いた種。




芽が出る時は

いつか来るさ。

不足ギミック

沈黙が追い打ちをかける。




私には

足りないものが

多すぎる。

なーんちゃって

このモヤモヤ感は




病気でした!











…って

なったら





開き直って

元気になれるかもしれません。

否定

興味を持つものがない。




自分自身に対しても

興味がない。




毎日がつまらない。




いや、

おもしろいことより

つまらないことが多すぎる。




価値の無い人間に

価値を決められる



そんな毎日。
プロフィール

悠

Author:悠

カウンター
Amazon
リンク
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。